コスプレ用の靴の色を簡単に変える方法

靴衣装

キャラの衣装を買って、ウィッグも買ったはいいけどキャラの履いてる靴がない!なんてことはしばしば起こります。

コスプレ初心者にとっては予想外な出来事だと思います。

コスプレ衣装を扱っているところで一緒に購入できたら楽なのですが、結構値段がバカにできないのと、そもそも靴の取り扱いが無い場合があります。

その場合、なんとかして靴を用意しなければなりません。

そこで今回は、市販の靴の色を変える方法を2つ紹介します。

スポンサーリンク


カラータイツに穴を空けてかぶせる

ヒール付きのブーツに有効です。

カラータイツをヒールに当たるところに穴を空け、そのまま被せてしまう方法です。

これだったら楽チンだし、誰でもできますね!

 

ただし、カラータイツは色が限られてしまうというのと、ブーツの模様がつけられないことには注意です。

模様の無いブーツにこの方法を使いましょう。

ビニルテープ+穴あけパンチで編み上げ風ブーツは作れる

こういった方法もできます。

これならカラータイツとそんなに費用が変わらずできそうです。

ただ、ビニルテープをぐるぐる巻きつけるという形なので、素材にしたブーツは消耗品と割り切る必要がありそうです。

染めQで染色する

染めQというスプレーで染色するのもいいです。

こちらの動画がよく参考になります。

染めQでライディングブーツを染める! [Cielo Motors Japan] [Motovlog][Gladius]

用意するものはこちら

  • マスク
  • 手袋(軍手NG)
  • 段ボールなど汚さないようにするもの
  • マスキングテープ
  • ブレーキクリーナーなど脱脂洗浄するもの(汚れてなければOK)
  • ウエスやいらない布数枚

染めQは一般の塗装ではなく、素材自体を染めてしまうものです。

なので色を染めた部分は動きに強く、簡単に剥がれません。

ポージングなどで靴に負担がかかるコスプレにはぴったりのスプレーです。

いずれもホームセンターや百均で揃えることができますが、染めQだけは小さい店舗だと取り扱いが無い場合があります。その場合ネットで買いましょう。

使用上の注意

使用上の注意として、

  • 換気をよくすること
  • マスクを着用すること
  • 皮膚につけないようにすること

を絶対に守ってください。

皮膚につくのを防ぐために軍手NGです。軍手は網目が広く塗料が入り込んでしまいます。

素材を問わず染められるので、もし皮膚についちゃったら……分かりますね?

終わりに

コスプレ用の靴の色を変える方法を2つ紹介しました。

2つの方法共に使えるシーンと使えないシーンがあるので、使い分けていきたいところです。

コメント