男性レイヤーが衣装のサイズ選びでミスしやすいポイント3点

衣装が合わないコスプレイヤー衣装

衣装のサイズ選びで失敗した男性レイヤーさんいませんか?

例えば衣装のチャックが閉まらないとか、動くのがきついとかですね。

あるある~!な人も多いんじゃないでしょうか。

周りでよく聞かれることなので、この話は需要があると思い、記事にしてみました。

また、初心者の人でこれから女装コスプレをする!という人にも読んで欲しい内容になっています。

スポンサーリンク


肩幅が大きいので衣装が着られない、動きにくい

男性の骨格の特徴として肩幅が女性よりも大きいことが一番ネックになりがちです。

なぜかというと、場合によっては衣装が着られなくなるからです。

チャックが閉まらない、ポージングのときに動きにくいなど、コスプレのときに様々な不具合が出ることが多いです。

 

また、女装コスプレだと更に胸のサイズが大きくなるので、かなり衣装がきつく感じられるか、完全に衣装が着られないことが予想されます。

これを防ぐためには、胸のサイズと肩幅をメジャーで測り、衣装のフルサイズオーダーをするのがいいです。

cosonsenだとフルサイズオーダーをしても料金が変わらないのでおすすめです。

【損しない】おすすめのコスプレ衣装通販サイトはCOSONSEN!
さあこのキャラのコスをしよう!でも衣装どうしよう... こんなことが日常茶飯事になっているかと思います。 ひとりで一所懸命ネットで探して、衣装があったとかないとか、色があるとかないとか。 それで疲れて衣装探しをやめちゃう。 そんなことってありませんか? 筆者はしょっちゅうです笑

腕の長さが長いので衣装が小さくなりやすい

男性は女性に比べて腕の長さが長いです。意外と知られていないかもしれません。

例えば本当は姫袖の衣装なのに、女性サイズで注文したが故に手首まで出てしまってる。

そのようなケースを何度も見てきました。

 

これはなかなか防ぎにくいものですが、衣装をフルオーダーサイズで注文するとき、腕の長さをメジャーなどで測って業者にサイズ指定して貰うといいです。

cosonsenだとフルサイズオーダーをしても料金が変わらないのでおすすめです。

【損しない】おすすめのコスプレ衣装通販サイトはCOSONSEN!
さあこのキャラのコスをしよう!でも衣装どうしよう... こんなことが日常茶飯事になっているかと思います。 ひとりで一所懸命ネットで探して、衣装があったとかないとか、色があるとかないとか。 それで疲れて衣装探しをやめちゃう。 そんなことってありませんか? 筆者はしょっちゅうです笑

腰の幅と位置が違うので女装コスプレが上手く映えない

男性は女性と比べて腰の幅と位置が違います。

もう少し言うと、男性は腰の位置が低く腰幅も狭いです。

そのため女装コスプレでは体系補正しない限り、ボディラインに顕著な違いとなって出てきます。

 

この違いをなんとか少なくするためには、ガードルを着けて腰幅を補正することができます。

男装コスプレ、女装コスプレに役立つグッズと化粧品紹介
男装をしようとして胸つぶしをしたら鳩胸になっちゃう...... 上手く女性キャラのラインが出せない...... そんなことってありませんか? なにせ、日常生活でこういったことをする人は少ないと思うので経験もありません。当然ですよね。 筆者も随分とキャラの体系の再現に苦労してきました。 この記事では、男装や女装の役に立

こちらの記事でガードルを紹介しています。

まとめ

  • 肩幅が大きいので衣装が着られない、動きにくい

  • 腕の長さが長いので衣装が小さくなりやすい

  • 腰の幅と位置が違うので女装コスが上手く映えない

以上が男性レイヤーが衣装のサイズ選びでミスしやすいポイントになります。

衣装のフルサイズオーダーで大部分の失敗を防ぐことができるので、そういう意味でもcosonsenでの衣装のフルサイズオーダーをしてみるといいですよ。

痩せれば改善する可能性はあります

cosonsenの紹介記事へ

コメント