まつ毛の間を埋めるやり方について

まつ毛の間を埋めるコスプレメイク

まつげの間を埋めるのが難しい

と意見をいただいたので、まつげの間を埋めるやり方について紹介します。

これについてはなかなか難しいので今まで紹介を控えてきましたが、やはり挫折しやすい部分ではあると思っていました。

やや自己流が混ざっていますが、かなり参考になるかと思います。

 

スポンサーリンク


まつ毛の間を埋めるやり方

濃い色のアイライナーを使う

濃い色のアイライナーを使います。

 

普通は漆黒タイプの黒を使うといいです。

例としてはこのようなもの。

タイプはリキッドがおすすめです。

 

ペンシルでもいいのですが、リキッドよりごりごり書かないといけないので初めてだと怖いです。

ここは黒のリキッドアイライナーでいきましょう。

 

まつ毛を埋める専用のアイライナーを使うのもあり

どうしても無理だったらまつ毛を埋める専用のアイライナーを使うのもありです。

こちらのアイライナーは先がフェルトになっていて、まつ毛の間を埋めるためだけに特化したアイライナーです。

やり方はトントンとまつ毛の間に置いていく感覚。

これを使うと作業時間が半分になるそうです。

 

丁寧に、色んな角度で見ながら置くように書いていく

丁寧に、色んな角度で見ながら置くように書いていきます。

いつも引くアイラインのようにすっと引こうとすると失敗するので注意してください。

めんどくさくても置くように書いていきます。

筆者のすっぴん目を用意しました。画質を重視してiphoneの純正カメラで撮っているので心が痛みます。

筆者はまつ毛がめちゃくちゃ長いので、まつ毛の間を埋めるのはすごく苦労します。正直やりたくない作業です。

具体的にはこのようにまつ毛の生えている方向にアイライナーを立てながら置いて書いていきます。アウトカメラで撮ろうとしたものの、難しすぎて挫折したので仕方なくインカメラを使い画素が荒いです。

粘膜に入りやすいのですごく注意が必要です。丁寧にやるのを常に心がけてください。

 

感覚としては、書く度にちょっとずつ位置を変えてアイライナーを置いていく感じです。

1つ置いたら位置を変え、また1つ置いたら位置を変え。この繰り返しです。

集中力も使うので注意してください。

 

少し埋め終わったら必ず3つ以上の角度で確認していきます。

こうしないと埋め漏らすからです。

まつ毛の間を大体埋めたのがこちら。

最初の画像とだいぶ違いますね。角度が若干違うのもありますが、目が自然に大きく見えるのでとても良い印象になりました。

(ちなみにメイベリンハイパーシャープライナーのナチュラルブラウンを使っています。嘘でしょこの濃さ。)

 

埋め終えたので、鏡やインカメラを使い色んな角度から確認して埋め漏らしをチェックします。

斜めから。

 

 

横から。

 

上から。

 

下から。

 

大体良さそうだと思ったらOKにします。まつ毛の間を埋めるのに10分以上もかかってしまうので、特にまつ毛が長い人は覚えておいた方がいいです。

また、まつ毛にたっぷりインクがついているので、ビューラーを使う前にはティッシュオフなどしてからにしてください。

 

下まつげを埋めるのは難しい

下まつげを埋めるのは難しいです。

筆者のようにまつげが長い人だと、ほぼ不可能になります。

なので、ここはペンシルを使いごりごりとなぞっていくのがいいです。

 

まとめ

  • 濃い色のアイライナーを使う
  • まつげの流れに沿って置いていくように書く
  • まつげの間を埋め終えたら鏡やインカメラで色んな角度からチェックする

これらを覚えておいてください。

コメント