創作コスプレや公式の資料の少ないコスプレのアイデア出しの方法

アイデア出しその他コスプレ

審神者とか、公式であまり設定がないもののコスプレをやりたくなることありませんか?

そして、こういうのやるときってみんな設定をどうやって決めるんだろう?と悩みます。

何せ資料が少ないので、あるいはまったくと言って無いので、自力でアイデアを出す必要がありますよね。

今回そんな一次創作に近いようなコスプレのアイデア出しの方法について、筆者がやっていることを取り上げたいと思います。

スポンサーリンク


大きく分けて2つの方法を使っています

  • マインドマップやノートに書き出す
  • メモ帳アプリに書き出す

この2つのどちらかを使っています。

どちらかと言うとマインドマップを使っています。こちらの方が自由にスムーズにアイデア出しができるからです。

マインドマップに書き出していく

PCが使えるならマインドマップに書き出していきます。

筆者が使っているのはXMindという無料アプリです。

ダウンロードはこちら

ホーム: 無料で使えるマインドマップ ソフト | XMind

無ければルーズリーフの紙でもなんでもいいので、自由に使えるものに書き出していきます。

大きさとしてはメモ帳だと小さいのでA4くらいのサイズがやりやすいと思います。

例として刀剣乱舞の審神者にします。

さてさてどんな設定にしようか。

ここから連想して書き出していきます。

XMindの場合、真ん中に新規があるので、そこを入力→Enterキーでトピックを追加できます。

 

これは例なのでほんと適当なんですが、書けるだけ書いていくと設定が広がって実際の撮影にも困らないです。

書けるだけ書いたらそこから細かい設定を出していきます。

XMindの場合、サブトピックを使って書いています。

枝分かれしたトピック右クリック→サブトピック追加でいけると思います。

こうしてなんとなくでいいので、こんな設定あればいいなとか楽しいなとかそういうものを大事に書いていきます。

書いた方がいいものとして次のようなものがあります。

  • 創作キャラの性格や服装、髪型など
  • キャラとの関係性
  • 生活背景、世界観

最低限これだけあれば色々楽しめるし、後付けで設定が膨らむと思います。

妄想力が試されますね。そして考えるのが楽しくなっちゃいます。

 

これから修正するなり付け足すなり注釈をつけるなりしていって、完成したものを合わせメンバーに早めに共有して内容を理解して貰います。そして印刷したものやデータを当日持っていき撮影で使うといいと思います。

メモにアイデア出し

メモにアイデア出しをする場合、やることはマインドマップと同じなんですが、シンプルなメモ帳等に書くと多くの人が使い慣れているので理解が早いと思います。便利なメモ帳アプリがあるのでここでそれを紹介します。

Evernoteというアプリです。無料で使えます。

最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理
Evernote ではアイデア、プロジェクト、ToDo などを記録したり、忘れないように優先順位を付けたりすることが可能です。無料トライアルを是非お試しください!
Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

このアプリのすごいところは、PCでもスマホでも使うことができ、共有もできることです。

なので、PCで入力→スマホと共有→TwitterやLINEなどに共有ということが簡単にできちゃいます。

便利なのでお試しあれ。

まとめ

どちらの方法を使うにしてもじっくりと考えたり妄想タイム(が必要なので、いつもやるコスプレよりは早めに手を付けた方がいいです。

筆者おすすめはマインドマップです。ぜひ一度ダウンロードして使ってみてください。

XMindダウンロードはこちら

コメント