男装コスプレで使える!自然な表情のつくり方

表情その他コスプレ

男装コスプレのときの悩みのひとつといえば、表情です。

 

以前Twitterでアンケートを取ったのですが、

これだけの人が投票してくださいました。突発だったのに本当にありがとうございますー!

それだけ多くのひとがコスプレの表情づくりに悩んでいるといえます。

普通に笑っただけではなんというか女子。

素の私しか出ない!ほんと嫌になる……

こんな経験がある人、いっぱいいると思うんです。

実は表情のつくり方は顔の形やキャラ、再現する場面で違ってくるので、正直何回やっても慣れにくい厄介な部分です。

どうしたら自然な表情をつくれるようになるのでしょうか?今回はそのことについて研究してみました。

スポンサーリンク


ネットの先人たちの知恵をリストアップしてみた

ネットで色々と探してみて、これだ!と思ったものをリストアップしました。

喜→目を少しだけほそめて口角も少しだけあげる(歯はみせないこと)
怒→眉間に皺をよせる
哀→目線をしたにそらしたり半目にする。
楽→喜ぶと同じような

自分がかっこよく見える角度を把握するのが重要だと思います。
例えば私はえらが四角めなので、斜めと横顔の間くらいから顎を気持ち上げてえらを見せ唇の力を抜きすぎないようにするのがクール男装に合います。
逆に顎があまりない友人にはNG角度です。彼女は真正面で顎ひき気味にして睨むような角度がクール系では得意です。また目が大きく目を見開いたり上目になると元気良さが出てしまうので、少し力を抜いたくらいの開け具合で目力を出すのが合います。
私は目が大きいわけではないですがやっぱり見開きすぎると変になったり元気っぽくなってしまいます。ぐっと目を見開いてから力を抜いて数度瞬きしたくらいの、パッチリまでいかないパチッとくらいの感覚がいいのではと思います。
狂気的なキャラならあえてがっちり開けたりしますが。
自分はどの角度が得意なのか、鏡の前で探ってみては。

あと無口キャラだからと口元の力を抜きすぎるとむすっとして見える可能性があります。気を抜いたときに少し広角が下がる人が多いと思いますが、そのタイプなら口の端を微かに引く漢字の方がまっすぐに見えます。
ふっと笑うのは力の抜き具合が肝心です。目を見開くとどうしても気合が入るし口角上げすぎるとただの笑顔になるので、目を少し細めて目で笑う気持ちでいる方が合うことが多いです。ちょっと性格の悪目なキャラなら片頬上げるのもいいと思います。
表情を作るにはその感情と同じか似た気持ちになるのが効果的です

元気やさわやか系キャラは「あ」「い」「う」「え」「お」を発音して表情をつくろう
クールや鬼畜系キャラは「は」「に」「ふ」「へ」「ほ」を発音して表情をつくろう

ポイントをまとめてみます。

  • 自分の顔の角度を鏡でよく見て把握すること
  • えらが四角な人は顎を気持ち持ち上げえらを見せ、唇の力を抜き過ぎないように
  • 顎があまりない人は真正面で顎を引き気味にして睨むような角度で
  • 元気っぽくないキャラは少し力を抜いて開く(あるいは閉じ気味にする)
  • 元気なキャラは目をかっぴらいてもいい
  • 口角を少しだけ上げる
  • 元気やさわやか系キャラは「あ」「い」「う」「え」「お」を意識すると良い
  • クールや鬼畜キャラは「は」「に」「ふ」「へ」「ほ」を意識するといい

 

結構出てきましたね。

なるほど、えらの形やあごの形で印象が違ってくるのと、キャラによって表情のつくり方が違ってくるわけですね。

要はこういうのって人の顔で印象が決まるので、その都度表情筋のつけ方の調整などが必要になってきます。

ここで具体的な例が欲しいので、Nikonのコスジェニックレッスン4を参考にしてみます。

Lesson4 カッコイイもセクシーも思いのまま!?男装撮影HowTo編 | コスジェニック・レッスン | ニコンイメージング
撮りたいイメージを固め、ちょっとしたテクニックに気をつければグッと写真はコスジェニックに。女性ならではの透明感はキープしつつ、キャラに合わせたシチュエーションの作り込みで理想男子のできあがり!

写真を見てイメージをつかもう

さわやか系の表情のつくり方

  • 元気っぽくないキャラは少し力を抜いて開く(あるいは閉じ気味にする)
  • 口角を少しだけ上げる
  • 元気やさわやか系キャラは「あ」「い」「う」「え」「お」を意識すると良い

ポイントから引っ張ってくるとこの辺りですね。

うんうん!確かにそんな感じです。

特に「い」が使えると表情にバリエーションが出ますね。

目も少し力を抜いた印象ですし、口角も少し上げると印象いいですね。

クール系の表情のつくり方

  • 元気っぽくないキャラは少し力を抜いて開く(あるいは閉じ気味にする)
  • 口角を少しだけ上げる
  • クールや鬼畜キャラは「は」「に」「ふ」「へ」「ほ」を意識するといい

ポイントから引っ張ってくるとこの辺りですね。

こちらも確かに、同じことが言えそうです。

さわやか系とクール系の違いは、空気感だと思います。

そのため「は」「に」「ふ」「へ」「ほ」という表情になるのでしょう。

ちょっとお前、気安くこっちにくるな。とでもイメージするといいですね。

セクシー系の表情のつくり方

セクシー系は上2つよりちょっと難しい感じがします。使えそうなポイントを引っ張ってくると、

  • 元気っぽくないキャラは少し力を抜いて開く(あるいは閉じ気味にする)
  • 口角を少しだけ上げる

この2つですが、筆者が考えたことで、

  • 微妙な距離感を出すため、さわやか系とクール系を足して2で割った表情をつくる

これを提案したいと思います。

なんとも言葉にしづらくて語彙力が欲しいところですが、ちょっと誘ってる感じ、駆け引きを楽しんでる感じを出すといいのかなと思います。

丸顔の人はどうすればいいの?

Lesson10 遊園地でリア充デート撮影を楽しむ | コスジェニック・レッスン | ニコンイメージング
魅力的なロケーション満載の遊園地で、リア充感たっぷりのデート撮影を楽しんじゃおう♪デートの雰囲気を一層盛り上げるため、被写体2人の距離感や表情にこだわった構図で、ストーリーを感じさせる仕上がりをイメージすることがポイント。目指すは、夜の遊園地でライトアップと一緒に撮るドラマチックな1枚!

こちらのページから参考になりそうなものを見つけました。

元気系、さわやか系にあたりそうですね。

  • 顎があまりない人は真正面で顎を引き気味にして睨むような角度で
  • 元気なキャラは目をかっぴらいてもいい
  • 口角を少しだけ上げる
  • 元気やさわやか系キャラは「あ」「い」「う」「え」「お」を意識すると良い

やはり、ポイントに当てはまりそうですね。

正面を向いた方が男っぽく映りますし、横顔も素敵だと思います。

ただある程度はシェーディングなどで顔の形を男に近づけた方がやりやすそうですね。

まとめ

研究してたらいつもの3倍くらいの分量になってしまいましたが、参考になりましたか?

どのキャラでも大事なのは自分の顔の形を把握することなので、それに応じて表情づくりをトライアンドエラーしていくといいと思います。

例も3つずつ上げたので、状況に応じて参考にして貰えたらと思います。

ポージング、今一度確認しませんか?

コメント