自分のコスプレに自信が持てない人へ

自信が無くて落ち込んでる人お悩み

 

私なんてメイクが下手で……ウィッグつくるのが下手で…….

周りがすごい人ばかりだし、私なんか低クオだし。

もうコスしなくてもいいや。

 

 

そんなこと思っていませんか?

 

劣等感でいっぱいで、周りはクオリティ高い人ばかりで。

しかも、マイナージャンルを中心にコスプレするものだから、注目されない。もうやめようかな……

 

筆者はそんなことばかり思ってネガティブ思考に陥ってました。

 

しかし、今はそれから脱出することができています。

注目されなくても全然いいし、周りがクオリティ高くても気にせず、楽しんでコスプレをするようになりました。

 

そこまで楽になったのはなぜか?そのことを書いていきます。

この記事には黒歴史な筆者の体験談がふんだんに含まれています。これらが苦手な人はブラウザバック、戻るボタンを押してください。

 

それでも見る人は、心の準備をしてから見てください。

挫折しそうな人、ネガティブ思考になっている人に届いて欲しいなと思います。

 

スポンサーリンク


筆者も最初は自分のコスプレに自信が無かった

筆者は、コスプレを始めたときは周りに誰もいない、ぼっち状態からスタートしました。

 

メイクが下手で、ウィッグも下手くそにセットして、顔も良くなくて、友達もいなくて、おまけにコミュ障で、人に全く話しかけられませんでした。

 

初めてのコスプレが東方projectの十六夜咲夜のコスプレで、仙台コミケに参加しました。

あそこは東北の中でも屈指のイベントで、待機列は朝の7時頃にはできていました。筆者は1人ぼっちでコスプレ参加の列に並びました。

コスプレイベントに行くコスプレ初心者

 

並んで何時間も待って、お昼頃ようやく更衣室に入ったのを覚えています。

メイクに時間がかかり、ウィッグもぐちゃぐちゃになって、すごく凹んでしまってました。

 

なんとか会場に入りますが、コミュ障全開なので喋れず。かといって誰も話しかけてこない状況でした。

そうこうしてるうちに15時になり、コスプレスペースの利用終了。

 

正直全然楽しくなかったし、こんなの苦行だと思ってました。

 

始めたばかりなのに、もうやめたい気持ちでした。

コスプレをやめたいコスプレ初心者

筆者のコスプレに対するモチベーションが回復するまで

コスプレが上達せずいじけるコスプレ初心者

そのくせ、ネットでコミケのコスプレイヤー速報のページを見て、このレイヤーは顔がブ○だの、ポージングが○ソだの。書き込みはしないものの、叩きまくってました。

今からみるともう最悪の人ですね。

自分が下手なくせに、他人の揚げ足を取っていい気になってる。もうそれが癖になってしまってました。

 

でもなぜかコスプレはやめませんでした。

 

それから少し月日が過ぎ、今度は秋田のコスプレイベントに参加するようになりました。

 

相変わらずぼっちで、メイクも最悪の出来で、ウィッグもぼさぼさで、そのくせコミュ障。

 

会場で1人ぼっちになってました。

 

でも、今までと違ったことが起きました。数人から話しかけて貰って、写真を撮らせてくださいと言われました。

 

最初、何かの間違いなんじゃないかと思って慌ててしまいましたが、写真撮影をし、なんと名刺交換までしていただけました。

 

コスプレが初めて楽しいと思えた瞬間です。

 

そこから、よし、次も頑張ろうと思いました。

ここから筆者のモチベーションが回復していきます。

モチベーションが回復していくコスプレ初心者

その後少しずつメイクが上手くなっていき、

ウィッグはなんとか整えられるようになって、

ポージングも少しずつ覚え、

イベント内のコンテストに出場して優勝したり、友達も増え、

毎回反省点を振り返っては今回はこうだったから次はこうしようと努力するようになりました。

 

やがて信頼関係も増え、スタジオ撮影にお呼ばれしたり、オンリーイベントに参加するために都内に行ったり、

もう初めての頃とは別人になっていました。

いつしか人を叩いていたことを恥じるようになり、

その分少しでもマシな人になろうと内面も磨いていきました。

やる気に燃えるコスプレ初心者

カメラでの撮影を覚え、PCでのレタッチも覚え、上手くなっていきました。

気がつけば、今こうしてブログ記事を書くまでになっています。

 

ここまで読んでいかがでしたか?

 

今まで交流してきた方は、めちゃくちゃ驚いていると思います。

新しく筆者を知った方も、めちゃくちゃ驚いていると思います。

でも、嘘偽りなく事実を書きました。これが今までの筆者です。

 

自分のコスプレを周りのレイヤーさんと比べなくていい

今挫折しそうな人、ネガティブな思考に陥っている人へ。

別に周りと比べなくたっていいです。

 

比べるなら昔の、コスプレ始めたての筆者と比べればいいじゃないですか。

最低最悪だった筆者も、ここまで成長できているんです。

もっと自信を持って大丈夫ですよ。

 

こんな心理学者のアドラーの言葉にこういうものがあります。

「お前の顔を気にしているのはお前だけ」

つまり、周りの人は案外他人の顔や姿なんて気にしていないのです。

 

そもそも顔なんていくらでも加工できる時代です。

ネットに上がっている美人さんの写真も、実物と全く違うことなんてザラにありますし、

それで悩むことなんてないと思います。

 

自信が無くても、コスプレ友達はできる

筆者の経験談から、自信が無くても、コスプレ友達はできることが分かったと思います。

人は他人が楽しんでいたり、一所懸命になっているところを見ると魅力的に感じるみたいです。

そういう姿を見せることから、交流って始まるんじゃないかなと感じます。

 

コミュ障の筆者も、今では200人ぐらいの知り合い、友達ができました。

今はそんな仲間なんていないよっていう人も、これからできてくるんじゃないかなって思います。

 

人として大事なものを持っていてほしい

これを読んでいる人に1つお願いがあるのですが、人として大事なものを持っていてほしいです。

例えば誠実であるとか、礼儀を大事にするとか、人に対して優しいとか、そういうものです。

1つでもあればそれが他人にとって魅力に思え、人を惹きつける力になります。

下手でもいいし、ネガティブでもいいんです。

 

ただ、人として大事なものを1つでも、持っていてください。

筆者はそんな素敵な人のコスプレを応援します。

コメント