コスプレウィッグは手入れで何倍も使えるようになる

ウィッグ

ウィッグを買ってセットして、使った後に放置したらいつの間にかウィッグが絡んでしまった。

直そうとして櫛でとかそうとしたけど、ちりちりになって泣く泣くごみ箱に……

そんなことってありませんか?

ウィッグは丁寧に手入れすれば何回使っても使い続けられるものになります。

もったいない捨て方をしないためにも、ウィッグの手入れ方法を覚えていきましょう。

スポンサーリンク


ぼさぼさになるのを防ぐ

シリコンスプレーで保護する

筆者のオススメはこちらです。

ホームセンターで取り扱ってるシリコンスプレーを全体にふりかけて、櫛で馴染ませる。これだけです。

例えばこういうものですね。

 

そんなに値段はしないので、簡単かつお手軽に手入れできる方法でおすすめです。

ただこれをふりかけてしまうと当然ながらシリコン塗膜に覆われてしまうので、

加工の済んだロングウィッグなどに使うと良いです。

ふきかけるときは周りにも飛び散るので、新聞紙などで守りましょう。

柔軟剤に漬ける

こちらもポピュラーな方法です。

一度ウィッグを洗い、バケツや洗面器などにキャップ1杯分の柔軟剤と適量の水を入れ、そこにウィッグを漬ける方法です。

漬ける時間は1~2時間です。

30分もするとウィッグが沈んでくるので、変化が感じられると思います。

 

時間が経ったらウィッグを引き上げて、軽くシャワーで洗い流します(手が荒れる人はゴム手袋など着用してください)。

タオルで包みこんで水気を取ったら、ドライヤーをかけて乾かすか日陰で一晩放置します。

乾いたら完了です。

絡まったウィッグをとかす

もしウィッグが絡んでしまった場合、慎重にとかす必要があります。

そんなとき手助けしてくれるのが、タングルティーザーです。

店頭に行くと偽物商品も並んでいたりするので、正規品であることを確かめてから買いましょう。

 

これを使って毛先からやさしくとかしていきます。

いきなり力を入れてしまうとウィッグにダメージがきてちりちりになってしまうことがあるので、

時間をかけてもいいので、

じっくりとかしていきます。

これだけだとまた絡んでしまうので、先ほど紹介した方法でケアしてください。

まとめ

ウィッグを手入れする方法をまとめてみました。

この記事で覚えた知識で、できるだけ長くウィッグを使いたいものですね。

ダメになったから捨てるのはもったいないので、今回取り上げた方法をぜひ試してみてください。

 

乾かし終わったらセットし直しましょう

コスプレウィッグから衣装まですべてが揃う!コスプレ初心者へおすすめ【コスペディアウィッグ】

コメント