コスプレ初心者がイベントや撮影会で気を付けるべきマナーとは

マナーマナー・マインド

コスプレはマナーが大事とは聞くけど、

正直全然わからない。

誰か教えて!

 

コスプレ初心者は何がなんだか分からないですよね。

そこでこの記事では、一般的に言われるコスプレのマナーについて取り上げます。

 

これ以外にもある場合もあるので、都度確認しつつ、一般良識を持って参加するようにしましょう。

スポンサーリンク


コスプレ初心者がイベントや撮影会で気を付けるべきマナー

あいさつをきちんとする

あいさつはきちんとしましょう。

 

こんにちは。ありがとうございます。お疲れ様です。

基本中の基本ですが、なぜか大人になってもできない人がいます。

 

コスプレは趣味活動なので、信頼関係がとても大事です。

あいさつができないと信頼関係が作れないことになります。

絶対にあいさつをしましょう。

人の嫌がることをしない

人の嫌がることはしないようにしましょう。

盗撮、窃盗などもってのほかです。

同じ人を長時間拘束させない

同じ人を長時間拘束させないようにしましょう。

 

撮影などをお願いして、その人はいいよと言ってくれたとしても、長時間相手を拘束するのは失礼です。

 

もしかしたら、他に用事があるのかもしれませんし、他の人に何か頼まれているということもあり得ることです。

相手の貴重な時間を使わせていただいているということを念頭に置きましょう。

同じ場所の占領はしない

同じ場所の占領はしないようにしましょう。

 

イベントや撮影会の場合、他の人もその場所を使いたいはずです。

 

場所は時間を取りすぎないようにし、用事が済んだら速やかに空けるようにしましょう。

荷物はまとめておいて人の通り道を塞がない

公共の場では、荷物はまとめておいて、人の通り道を塞がないようにします。

 

なぜなら通路はみんなが通る場所で、頻繁に使われるところだからです。

写真を撮らせていただくときは一声かける(お写真撮らせて貰っていいですか?など)

写真を撮らせていただくときは一声かけます。

 

お写真撮らせて貰っていいですか?と声をかけ、相手がいいですよと了承した上で写真撮影をします。

 

肖像権は絶対に守らなければいけません。これをおろそかにした場合、相手側から訴えられる場合もあり得ますので、面倒でも必ずしてください。

写真を上げるときは相手の許可を取る

肖像権のこともありますが、相手側が肌やウィッグ衣装などをレタッチしたいという場合があります。

 

大抵のコスプレイヤーさんが何かしらのレタッチをしてからじゃないと上げられない、というのが多いですので、基本的に上げないようにします。

 

もしこちらから写真をアップしたいときは、相手にこの写真をネットに上げても大丈夫ですか?と声をかけます。

コスプレイベントのマナー

規約をチェックすること

イベントの規約をチェックしておきます。

 

イベント毎に規約はまちまちで、小道具や可能なコスプレ、肌の露出に制限がある場合があります。

 

中には男性の女装コスプレを制限している場合もあります。

 

イベントに参加したいと思ったら、まず最初にそのイベントの規約をチェックしておきましょう。

肌の露出対策をしっかりとする

肌の露出対策をしっかりとしましょう。

 

これはイベントの規約にもよりますが、なにより悪質なカメラマンの盗撮防止に繋がるからです。

 

心無い行為をする人は後を絶ちません。

 

自衛をするため、スパッツを履くなどの対策は絶対にしましょう。

一般の方に配慮する

一般の方に配慮した行動をとります。

 

イベントは公共の場で行われることが多いため、イベントを知らずに会場にきている人もいます。

そういう場合、道を空けたり声をかけられたら好意的に接するなどします。

 

中にはコスプレをよくない目で見る人もいますから、イメージダウンを避ける行動を取るように心がけてください。

スタジオ撮影のマナー

規約をチェックすること

スタジオの規約をチェックしておきます。

 

イベントと違うことが多々あり、撮影スペースの時間制限を設けているところもあります。

 

多くの場合シェアスタジオになると思うので、他の人と譲り合って使いましょう。

器物破損に注意

スタジオでは撮影セットや機材、小道具など壊れやすいものがたくさんあります。

また、汚してはいけないスペースもあります。

 

時間制限のため焦ることもあると思いますが、これらを壊したり汚したりということは無いようにしましょう。

コスプレの野外ロケのマナー

野外ロケでは、立ち入る土地の管理者に使用許可を取ってから使わせていただきます。

 

自然豊かなロケだと他の生き物を刺激したり危険に巻き込まれないよう注意を払います。

野外ロケは体力を消耗しやすいので、安全第一で臨んでください。

できればあった方がいいもの

SNSや名刺など、連絡できるものがあるといいです。

 

例えばイベントなどで、SNSの連絡先を交換しあったり、名刺交換などでコミュニケーションが生まれたりということがあります。

どれかは持っておいて損は無いです。

 

カメラマンさんなどから写真の受け取りをする場合、連絡先は必須となります。

撮影会などの前では事前に交換しておくといいでしょう。

 

イベントに発達障害の人もいるので配慮してあげてください

コメント