コスプレメイク本に書いてある方法は正しいのか?

コスプレメイク

記事を書いていく中で昔筆者が疑問に思っていたことがありました。

コスプレメイク本に書いてある方法は正しいのか?ということです。

 

コスプレメイク本を読んでみると、自分には思いつかなかったメイク方法が載っています。

本に載るくらいなので、素晴らしいクオリティのレイヤーさんもいっぱいいます。

ただし、それが本当に正しいものなのか?ということを書いていきたいと思います。

この記事には筆者の考えが詰まっていて、言いたいことを言っているので、一部不快に思う表現も、人によっては感じられるかもしれません。そういうのが苦手であれば、今のうちにブラウザバック、戻るボタンを押すことをオススメします。

それでもいいという人はぜひこの記事を読んでいってください。

 

これを読むと、コスプレメイク本に踊らされることなく、本当にやりたいメイクというのを考えられるきっかけになることと思います。

スポンサーリンク


結論:参考にするのはいい、だけど鵜呑みにするのは間違っている

メイクが下手で上手くなりたい、他の人のメイクを参考にしたいから、コスプレメイク本を読む。大いにありだと思います。

だけど、その本を読んで鵜呑みにして、完璧に真似をするのが正しいと思っているのだったら、考え方を改めた方が良いです。

同じように、憧れているレイヤーさんがいたとして、あの人のやっているコスプレが正しいから完璧に真似するのが良いと思っているのだったら、それもやはり間違っています。つまらないものです。

 

繰り返しますが、参考にしたいから読むのはいいですが、鵜呑みにするのは間違っています。

全く同じ顔のキャラがいるなんてつまらない

コスプレイベントや撮影会に行って、あるキャラのコスプレをしている人が複数いるとします。

すごく完成度が高く、原作のキャラがそのまま現実に出てきたんじゃないかってぐらいの、いわゆる完コスそのものだったとします。

だけど、見るとみんな同じ顔。

それってつまらないと思いませんか?

こんな風に、同じキャラで同じ衣装だとしても、みんな違っていいんです。

 

完コスが正解なら、それ以外は間違っているコスプレということになります。

それって、自分の思いをぶつける方法として、間違っている考え方なんじゃないかなと、筆者は思います。

コスプレは二次創作、自分の思いを表現する場

コスプレは二次創作です。

二次創作というのは、みんなが違う解釈をして、自分の思いを表現する場です。

そこでみんなが同じ解釈をするなんてことは無いと思うし、ありえないことだと思います。

なぜなら同じキャラ1つとっても、顔が好きという人もいれば、声が好きとか、このセリフが好きとか、色々違うわけです。

そこでは多様性が求められ、みんな違ってみんな良いというのが何よりの魅力になると思います。

自分のイメージに近づけた方が1番楽しくなる

そもそもコスプレをしたいという思いがあるくらい、キャラに対する愛があるのであれば、そのキャラに対するイメージを少なからず持っていると思います。

そのイメージを明確にし、表現につなげることで、自分が好きなあのキャラに近づいていってる!という感覚になれば、それはすごく楽しいものになります。

その姿を見ている他人は、すごくあの人コスプレしててすごく楽しそうだし、すごく魅力的だと思うようになることと思います。

 

結局のところ、自分のイメージに近づけた方が1番楽しくなるのです。

それは人と交流することで得てもいいし、研究を重ねて表現に繋げるでもいいし、写真として残すことでもいいと思います。

「ぼくのかんがえた、さいきょーのコスプレ」を、ぜひ表現してください。

 

メイクが上手い人の動画を参考にしてみませんか?

コメント