コスプレカメラ講座1 初めてカメラを見た人へ

カメラ・撮影

イベントに行ったらなんかカメラマンさんがすごいごついカメラを背負って撮影してる。

と思ったら、レイヤーさんもカメラを持って撮り合いしてる。

え、これが普通なの!?

そう思ったレイヤーさんも多いかと思います。

結論から言うと何も無理をしてカメラに手を出す必要はないです。

その理由を伝えたいと思います。

スポンサーリンク


カメラは高価なもの

カメラは高価なものです。

それはなんとなく分かるかと思います。

 

なんかごついし、撮影してるの邪魔したくなくて近づきたくない。

そういう人もいると思いますし、ごく自然に出てくる感想です。

 

え、じゃあなんで、イベントにはこんな高いの持った人がゴロゴロいるの!?金銭感覚おかしくない!?

そう思う人もいるでしょう。分かります。

と同時に、私も反省しています。

ついに趣味にうん十万円ものお金を出してしまいました。お父さんお母さん、こんな子供ですみませんと(笑)

確かに冷静に考えてみると、金銭感覚が鈍くなっていますね。

 

ただ、筆者もカメラを持っていなくて、カメラなんか持ってガチで撮っている人は金銭感覚がおかしいって思ってました。

筆者もこの世界がなんかおかしいと思っていた

そもそも筆者の時代はこれだけカメラが普及していませんでした。

コスプレ始めたてのときは、iphoneもまだ普及してなかったので、当時発売したばかりのスマートフォンのカメラ機能を使って撮影していました。

始めはコスプレしていて、それで十分満足だったんですよね。

 

ところが、その光景から一転する日がきます。

一眼レフを使って撮影する人が現れ始めました。

それで撮った写真を見たことがあったんですが、めちゃくちゃ綺麗に映っていたんですよ。

 

人は誰でも盛れる写真を撮って貰いたいものです。

コスプレだってそうです。自分のコスプレしてる姿、綺麗に盛って残したいじゃないですか。

筆者は次第に、その「盛れそうなカメラ、一眼レフ」に興味を抱き始めました。

 

ただ、そのカメラ、買おうとしたら予想以上に高かったんです。

初心者用のレンズキットと書いているもので、各社6万円ぐらい。

薄給の筆者にはしばらく手が出せませんでした。

 

でも、周りの人はどんどん一眼レフを買っていきました。

気がつくと、半分くらいの人が一眼レフデビュー。

それで撮った写真を見ると、やはり綺麗に盛れています。

 

でもみんなおかしいんじゃない!?

そのお金が湧いてくるの!?宝くじでも当てたの!?

そういう風に思ってましたし、次々と一眼レフを買う光景を見て、

この界隈、金銭感覚おかしいな。と思ってました。

一眼レフカメラが楽しかった

でもこのとき、一眼レフがすごく欲しくなっていました。

これは周りに置いていかれるんじゃないかと。

そしてカメラ専門店に足を運び、何種類か試しに使ってみて、ついに初心者用カメラキットを買ってしまいました。

もう後には戻れない、と思って色々使ってみることにしました。

 

楽しい。

これ、楽しいぞ。

今から考えると性能が初心者向け過ぎてもう買いたくないレベルのものでしたが、

当時は楽しかったんです。

 

これ頑張れば、レイヤーさんをもっと素敵に撮れる。

そう思った筆者は次第にカメラにのめり込んでいきました。

まとめ:カメラは楽しい

コスプレカメラは楽しいです。

これを見ると、少し共感できた人もいるんじゃないかなと思います。

また、カメラの記事を作りたいと思いますので、興味出た人は楽しみにしていてください。

コスプレカメラ講座2へ

コメント