補色ってなに?メイクにはすごく大事なものです

補色の関係コスプレメイク

メイクには補色を必ずといっていいほど使います。

これは理解しておくとすごく役立ちます。

この記事を見ている人は補色についてよく知らない人だと思うので、ここでよく知っておきましょう。

なんのためにコントロールカラーを使うのか、くすみを消すのになんで黄色が使われるのかなど、よく分かるようになりますよ。

スポンサーリンク


補色はコスプレメイクにはすごく大事なもの

補色はメイクにはすごく大事なものになります。

これはコントロールカラーをなんで使うのか、くすみにはどうして黄色を使うのかなどの答えになるものです。

知っておくとすごく役立ちます。

補色とは

色相環

補色とはなんでしょう。

この図を見てください。これは色相環というものです。

色相環はこういう風に円の配置になっています。

補色とは色相環の1つの色の反対側にある色のことをいいます。

赤み消しには水色~グリーンのコントロールカラー

色相環

もう矢印に示されていますが、赤の反対側に水色がありますね?

どこかで見たことはありませんか?

そう、赤み消しのコントロールカラーが水色ですね。

補色は反対の色なので、反対側の色を際立たせたり打ち消したりする力を持っています。

赤みを消すには水色が有効なので、赤み消しのコントロールカラーとして売られているんですね。

グリーンも補色に近い色なので水色寄りのグリーンが使われることがあります。

男性のヒゲの青みを消すには赤~オレンジのチーク

色相環

この図をこのまま利用させて貰うと、男性のヒゲの色を消したい場合には、

男性のヒゲの色が青~水色なので、赤~オレンジのチークを使うわけです。

青クマで悩んでる人もオレンジが効きますよ。

くすみは黄色に近いのでくすみ消しには紫が使われる

色相環

黄色の反対にあるのが紫ですね。

これも見たことありませんか?

これですね。

肌の黄みを消すためには補色である紫を使うのが有効です。

なので、紫のパウダーがあるんですね。

 

反対に、目のクマは紫に近いので、黄色のコンシーラーを使うといいです。

茶クマに悩んでる人も黄色のコンシーラーが有効なので試してみてください。

まとめ

分かりやすいようにシンプルに書きました。

実際には補色に近い色を使うことになると思いますが、この考え方をしっているとすごく役立つので、分からなくなったらいつでもこの記事で確認しに来てください。

コメント