【初心者注意】コスプレの合わせ(併せ)で絶対に確認するべき8つの注意点

コスプレの合わせマナー・マインド

 

コスプレの合わせをやってみたいけど、大変そう……

そう思うのも当然です。

 

好きな作品のキャラが何人も集合したとき、

それはものすごく楽しいものとなります。

 

一方で、何人も人を集めて撮影をするというのは大変な作業です。

 

その大変な作業のサポートになれるよう、

合わせで気を付けるべきことを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


事前にメンバーや担当のコスプレ、待ち合わせ場所、集合時間を念入りに確認

事前にメンバーや担当のコスプレ、待ち合わせ場所の確認、集合時間を念入りに確認します。

 

主催・副主催を決め、主催・副主催は司会進行をします。

項目1つ1つにメンバーの了承を求め、

メンバー1人でもNOが出たらそれに対して改善するようにします。

 

参加するメンバーは主催、副主催だけに負担をかけないよう、

積極的に提案を出したりサポートをしていきます。

 

また、主催・副主催はメンバー全員の連絡先を交換しておきます。

メンバーがコスプレが準備できなかった場合や体調不良の場合は

主催や副主催に早い段階で連絡をします。

みんなが気持ち良くコスプレができるよう、

周りに気を使いましょう。

連絡は早めに。

タイムスケジュールを立て、事前に全員に確認してもらう

タイムスケジュールを立て、事前に全員に確認してもらいます。

 

その中で忘れられがちですが、休憩時間は必ず入れます。

休憩時間を入れないと後でしんどくなるよ。

目安として、

  • 着替え・メイクに1時間半
  • 撮影に2~3時間(人数によります)
  • 休憩に40分~1時間
  • 着替え・撤収に1時間半

とみた方がいいでしょう。

ここまで合計すると7時間になりますね。

 

合わせ当日の集合写真、合わせの構図もここで決めておきましょう。

構図の参考になる画像や写真など、

メンバー全員でシェアできるようにしておくとスムーズで良いです。

 

通行人の邪魔にならないよう注意

通行人の邪魔にならないように注意します。

 

集まるときは、

  • 邪魔にならないよう施設の入り口からちょっと離れた場所
  • あるいは施設内の広いスペース

このどちらかに集まって貰います。

必ず通路を空けておくようにしましょう。

 

他の人と譲り合って撮影する

他の人と譲り合って撮影します。

 

合わせのときはゆっくり撮る時間がないので、

1人、あるいは1組何分かの撮影をしたら素早く他の人に譲りましょう。

 

準備ができた人から先に撮影する

準備ができた人から先に撮影します。

 

全員の集合を待っていると

いつまでもピン写や他の合わせが撮れないので、

着替え・メイクが完了した人から撮影します。

 

全員分のピン写は必ず撮影しておく

全員分のピン写は必ず撮影しておきます。

 

誰か1人でも写真が1枚も残らない人が出てくると、トラブルの元になります。

 

集合写真の構図はなるべく早く決め、素早く整列をする

集合写真の構図はなるべく早く決め、素早く整列をします。

 

また、並べばすぐに撮れるわけでもなく、

カメラマンさんから調整の指示が出ることも考えられるので、余裕を持って行動します。

 

カメラマンさんは全員に撮った写真を見て貰い、これでいいか了承を得ましょう。

 

時間厳守で動き、借りている場所に迷惑をかけない

時間厳守で動き、借りている場所に迷惑をかけないようにします。

 

特に施設を借りた場合、

メンバーの1人でも施設側に不利益を被る行動をした場合、

最悪その施設が2度と使えなくなることもありえます。

 

まとめ

コスプレの合わせとなるととても忙しくなりがちで、

主催1人の力だけではどうしようもないです。

 

全員が参加者であるという自覚を持ち、

助け合いながらやらないとどうしても破綻してしまいます。

みんなが楽しめるように、気を遣っていきましょう。

 

発達障害の人にも気を遣ってあげてください

合わせ募集のテンプレをこちらの記事に貼ってます

コメント