自分の顔をむしり取り、他人に与えるような生き方はやめよう

マナー・マインド

今回伝えたいのは自己犠牲な生き方はダメってことです。

本来なら11文字で十分伝わる内容ですが、日本には小さい頃から洗脳教育のように見せられるアニメがあり、その内容が自己犠牲という名の歪な正義を良しとする、非常に危険で誤った価値観を常識とするらしいです。

そのアニメの主人公は、なんと自らの顔をむしり取り、人に分け与えることで自己満足を生んでいて、顔を分け与えられたキャラ達はみな「ありがとう」としか言いません。

これだけで非常にサイコパスな世界なのが分かります。目の前でされようものなら筆者だったらまず「もしもしポリスメン?」します。

自己犠牲がどれだけ危険なのか、そして私達はどれだけ危険な常識に縛られていたのか、これから説明したいと思います。

スポンサーリンク


自己犠牲の考えは危険

他の記事でも取り上げているし筆者のツイッターでも散々言っていますが、自己犠牲の考えというのは危険です。

アドラー心理学サロンのツイートが参考になるので貼っておきます。

ある意味、他人優先で生きるということは自分の為に生きていません。自分を大切にできていないんです。

仮面ライダーゴーストの御成は自己犠牲についてこう注意をしています。

サイコパスアニメと仮面ライダーは視聴し始める年齢にはさほど差が出ないでしょう。

絶対御成の方が正しいことを言っています。

それにも関わらず、サイコパスアニメの方が正しいと刷り込まされている現状、まさに洗脳教育といえます。

自分のことは自分で決めたいものです。

「みんなの考え」に縛られるな、自分らしくいられることが一番大事

また、みんなで同じ考えを持つことについてはアドラー心理学サロンがこういうツイートをしています。

日本というのは同調圧力が強く、大多数の意見を常識とし、それが正しいこととします。

しかし、大多数の人の意見が自分の意見とは違うことも多々あるのです。

大多数の人の意見によって自分の意見を捻じ曲げられるのはいけません。

女性社会だとかなり縛られることを強要されますが、自分らしくいられることが一番大事です。

女性は男性よりも感情的な生き物なのに、日本という社会は感情を押し殺すように言われます。

が、これは間違った常識です。

繰り返しますが自分を大切にしなければいけません。

同調圧力が間違っていると思ったら逃げよう

そうだそうだ!

ましてこれからは個人の考えや多様化が重視されなければいけないのに、同調圧力はほんとに害悪でしかないです。

時には、同調圧力から逃げるか、常識を打ち破る勇気も必要です。

これはネタとして取り上げられているコマですが、個人的にはこういうのも全然アリだと思います。

自分を縛り付ける間違った常識、同調圧力に徹底対抗してやりましょう。人はみなスパルタクスです。

世界であなたを大切にできるのはあなただけです。

終わりに

結構パンチの効いた内容をお届けしました。

洗脳は正しいと思い込まされることで効果を生みます。

自分で考え、自分の意見を大事にし、何より自分を大切にすることが一番大事です。

ちなみに、行き過ぎた承認欲求は自分を滅ぼします

コメント