【必見】コスプレ撮影で嫌われる悪質カメラマンを避けるには

悪質カメラマンその他コスプレ

コスプレ界隈というのは、やや知られていない側面があるからか、好ましくない場に出くわす時があります。

そのうちの1つに、悪質カメラマンの存在があります。

悪質カメラマンはよくコスプレ初心者を付け狙い(どんな界隈でも知識のない人は狙われますよね)、知り合ったコスプレイヤーさんに撮影と称してラブホに誘い込んだり、高圧的な態度で追いつめたりします。

このような犯罪者がいることは残念ながら事実です。

そんな人達から身を守るためにはどうしたらいいか?今回は悪質カメラマンを避ける方法について取り上げます。

スポンサーリンク


コスプレ撮影で嫌われる悪質カメラマンを避けるには

コミュニケーションの取り方がおかしい人は避ける

実はあのやしろあずきさんがレポートをしてくれています。

やしろあずきの調査―― 初対面の人とのコスプレ撮影って安全なの? 実際にカメコとレイヤーに聞いてみた
最近、「撮影中にエロいポーズや格好を強制させられて、断る事ができず後々トラブルになった」とか聞きますよね。実際どうなの?

あ、もう三角コーンは送っちゃダメですよ。ご本人もなんとも感じなくなったみたいです(お気の毒に……)

こちらのレポートから大事な部分を引用していこうと思います。

「僕は本当にレイヤーさんに緊張感や不信感を与えないように、さっきの撮影みたくコミュニケーションを取って場を盛り上げながら撮影するようにしています。あ、コミュニケーションと言っても突然LINEを聞いたりとかそういう事はしないですね。最初の連絡はTwitterのDMだけで行います。変に距離を詰め過ぎる事とコミュニケーションは別なので」

「確かに、やりとりの最初で即行でLINE聞いてくる人はちょっと警戒しちゃうかもしれない」

「私は1回相手の事をよく知らないまま教えたら、1日に30回以上通話がかかってきた経験があります」

「怖すぎる」

レポートの内容を見ると、こちらのレイヤーさんはかなり怖い経験をしています。

相手のカメラマンさんがコミュニケーションの取り方がおかしく、連絡先を聞いてくる→1日に30回もの通話をしてくるといったことをされたようです。

世の中には確かにちょっとコミュニケーションが不器用な人もいます。筆者もコミュニケーションが不器用な方で、十分自覚して気を付けて行動するように心掛けています。

ただ、それでも不器用なだけであれば、相手に不快な思いをさせないよう注意して行動を取るはずです。少なからず。

ところが自覚していない人はそうじゃない。そもそもそういう「注意して行動する」なんてことはしません。

やはり、いきなり距離感を詰める人は警戒するべきなのかもしれないです。

カメラマンさんのタイムラインやメディア欄を見てどんな人か確認する

「AV女優ばかりにリプ飛ばしてる人とかはやめます」

「ストレートすぎてめちゃくちゃ笑った」

「それは限定的すぎますけど、間違ってはいなくて。実際、ちょっと危ない人って同じレイヤーさんにずっとリプを送り続けてたりする人多いんですよね。リプ内容もちょっとアレな事とか多くて……。レイヤーさんって基本的に一般人ですからね」

「なるほど、そういった意味ではタイムラインを見ればある程度相手の人格とか、常識は分かるのかもしれない」

-中略ー

「あとは、ちゃんと撮った作品はアップしてるのかなーとか」

「そうですね、その人がどんな感じの写真を撮るかとかもそこで分かるので。昔から色んな人に撮影させてもらえませんか? って声をかけているのにその人が撮った写真が全く見当たらなかったりすると、ちょっと危ない可能性もあります」

「撮影をエサに実際はただのナンパ目的だったりするって事か」

「実際に撮ってもらう事になってからいきなり態度を変える人も難しいかな……。Twitter上では丁寧なんですけど、いざDMで当日の予定を合わせる段階になると急にタメ口になったり……」

「出た! 彼氏面!」

「そういう人は会うと大抵距離感がおかしかったりしますよね……。撮影の約束を取り付けたってだけで自分が特別な関係になったと思い込んだり、それこそさっき言ったカメコ優位の雰囲気というか、唐突に偉そうになったり……そういう話はよく聞きます」

「やっぱりお互い対等な関係で、紳士に振舞ってくれる方が信頼できますね」

やはりコミュニケーションの取り方がおかしい人は避ける。それにはTwitterのタイムラインやメディア欄を見ることが有効みたいですね。

作品やキャラが好き、あるいはレイヤーさんを大事にされている人はレイヤーさんを尊重する態度を取りますし、人として警戒されるようなことはしないです。

下心のある人はレイヤーさんの身体を見ようとしますし、特別な関係だと勘違いすると一気に行動に出るでしょう。そのような事態は絶対に避けるべきです。

あくまでコスプレ撮影でのみの対等な関係。レイヤーさんを尊重するカメラマンさんを探してください。

まとめ

まとめると、

  • LINEでやり取りを求める人は避ける
  • コミュニケーションの取り方がおかしい人は避ける
  • クローズな場になったときに態度が急変する人は避ける

これらが重要です。

もしどれかが引っかかるようならそのカメラマンさんは避けるべきです。

勘違いして暴走するというパターンがよく見受けられるのでよく警戒すること、もし助けを求めたり相談ができるなら迷わずにしてください。

もしかしたら、知らず知らずのうちに相手に不快感を与えてたのかも

コメント